吉野ヶ里子ども園

吉野ヶ里子ども園 吉野ヶ里子ども園

BLOG

泥んこあそび(#^.^#)

2021/06/14

空模様を心配することもない、晴れ晴れとした梅雨の合間の今日6月14日(月)に、泥んこあそびを体験することができました。園の北側にある水田にたっぷりと水が入り準備万端!子どもたちは、汚れてもいいTシャツにズボンで張りきって登園してきてくれました。3歳児さんにとっては初めての体験で、恐る恐る田んぼに足を踏み入れました。例年は泣き声がちょこちょこと聞こえてきていたのですが、今年は誰も泣くことなく畔の草についている、タニシを捕まえたり泥んこをかき回したり、なかなかたくましい姿を見せてくれました。4歳、5歳児さんは、今年は誰と泥んこの投げ合いをしようか?とワクワク(^_-)-☆。🐸に驚いたり、『温泉みたいで気持ちいい~』と体全体で浸かっている子等様々でした。普段は体験できないことを、それぞれに楽しんでいました。

プール開きをしました💦

2021/06/10

3・4・5歳児さんは、6月7日(月)に待ちに待ったプール開きをしました。園長先生に水の事故がないように、安全に楽しくプール遊びができますようにとお祈りをしていただきました。子ども達は、手を合わせてお祈りをした後、プールに入る時のお約束をして入りました。
3歳児さんは、「わぁ~(≧∇≦)きゃ~!気持ちいい~」と言いながら初めてのプールにちょっとドキドキしながらも、足から腰、胸と浸かっていき、顔をプルンとすることも出来ていました。
4歳児になるとバタ足や顔つけも上手でシャワーの水にも、自分から飛びこんでいました。「先生かけて~」と冷たい水のリクエストをしていました。
年長さんともなると、ワニ歩きや、ラッコになった気分でぷかぷかと浮いたり、自宅から持ってきた手作りのペットボトル水鉄砲で友達とかけあったりと、水遊びを満喫していました。

今日のおやつ🐸

2021/06/02

 6月になりました。昨日まで晴れ渡っていた空がドンヨリ⁉蒸し蒸しとして、今にも雨が降ってきそうな空模様に変わってきました。雨が降り出すとあちこちから聞こえてくる、ケロケロ♪ケロケロ♪カエルさんの大合唱(^^♪そこで、吉野ヶ里こども園のおやつの時間に登場したのが可愛い🐸型のクッキーです。子ども達は「わぁ~カエル」「可愛い~」と口々に言っていました。あるクラスでは、かえるのうた♪の合唱が始まり「おやつが終わってから、またうたってね!」と先生に声かけられる場面もありました(*^。^*)給食の先生に「可愛かったよ、ありがとう」と言っているお友達もいました。

玉ねぎ&じゃがいも収穫しました😘

2021/05/14

園の南側の畑で育った、今にも弾けそうなみずみずしい玉ねぎ
かなりや組さん・うぐいす組さんが、うんこらしょ♪どっこいしょ♪と引っこ抜いて「やった~‼」と声をあげていました。両手に力を込めて引っ張らないと抜けない位大きく育っていて、なかなかの力作業となりました。
ひばり組さんは、じゃがいもの茎を引っ張ると、ごろごろ出てくる🥔に「お~お~‼」と(^^♪ニコニコ顔があふれていました。自分で掘ったじゃがいもをビニール袋に詰めて「重いよ~重いよ~」と言いながらもとっても嬉しそうに持ち帰っていました。
今日の夕飯に登場するのかな❓

🍓いちご狩り

2021/05/10

5月10日(月)晴天の空のもと、3・4・5歳児さん達は、園の赤バスに乗っていちご狩りに行きました。初めてバスに乗った3歳児かなりや組さんは、「この道~来たことある~」「どこ行くと~?」等、わくわく・きょろきょろ👀‼ いちごハウスにつくと、おじさんから🍓の摘み方を聞いて早速ハウスの中入り、思い思いに摘んで口にしました。初めは「先生、取りきら~ん」と言ってた子も慣れてきて摘んでは、「美味しい~あま~い」と嬉しそうでした。
4歳児うぐいす組さんは、🍓の棟の間をしっかりとした足取りで歩いていき「食べていいよ~」の声掛けで、「やったー!」とパクパク口にしていました。お持ち帰りのパックに大小色々詰め込んで、お土産の分も詰めていました。
5歳児ひばり組さんに、さすがによく見極めて、赤くて大きい🍓を探してお口にパクリ!お土産のパックにもつぶれない様にと気を使っていました。ハウスの中はいちごの香りが漂い、暑さもなんのその!みんなとってもいい経験が出来ました。


🌸花まつり🌸

2021/04/28

 お釈迦様の誕生をお祝いする仏教行事で、原則としては毎年4月8日に行われます。
吉野ヶ里こども園では、今日、4月28日に3.4.5歳児さんが、たくさんのお花を飾ったお寺の本堂でお参りをしてお祝いをしました。花御堂におかれた誕生仏様に甘茶をかけて手を合わせました。少しずつですが子どもたちも甘茶をいただきました。初めて口にする甘茶にニッコリ(*^-^*)、ちょっとしか目顔(>_<)等、色々な表情を見せてくれました。
小雨も上がり、白い像さんを年長さんが引き、後ろから年中さんがついて園の周囲を歩きました。白い像さんは、お釈迦様の母親である麻耶王妃の体に、白い像が入る夢を見てお釈迦様を身ごもったと伝えられています。

ページTOP

お便り「大樹」

ころころ広場(子育て支援)