吉野ヶ里子ども園

吉野ヶ里子ども園 吉野ヶ里子ども園

BLOG

HOME > BLOG > 2021年9月

9月になって🦗

2021/09/09

 残暑の中、小さい子ども達は園庭の芝生のなかでバッタやカマキリを見つけて「先生!先生!居った、居った」と捕まえてほしくて先生を引っ張り回す姿が見られます。なかなか手で触るのには勇気がいるようです…(*^-^*)
以上児さんになると、「蝉鳴いてないね?」「虫があんまりおらん」と移り行く季節を感じているようです。それでも網をもってトンボを追いかけまわしたり、大きなバッタを捕まえて虫かごに大事そうに入れては、友達と見せ合いっこをしています。

今日は清々しく晴れた空のもと、3歳児さんが人参、4歳児さんが大根の種まきをしました。畑で、園長先生の話を聞いて、ひとりひとりそれぞれの種を手に持ち、土の中にやさしく蒔きました。3歳児さんは🥕?たね?蒔く?・・・なかなかつながっていないようでしたが、4歳児になると「種の色赤いね?」「そっと土かけんばよ」「踏んだらいかん」と種まきの意味が分かっているようでした。
小さな種が大きく育つことに期待しているようです。

畑の隣の水田には、6月に植えた稲の苗がしっかりと株を張っています。稲穂の小さな花が咲き10月の収穫が楽しみです。




ページTOP

お便り「大樹」

ころころ広場(子育て支援)