吉野ヶ里子ども園

吉野ヶ里子ども園 吉野ヶ里子ども園

BLOG

HOME > BLOG > 2020年11月

和食の日🥬

2020/11/20

 11月24日は「いい日本食」のごろあわせで「和食の日」です。
園では20日(金)に食育として3・4・5歳児さんがクラスごとに「いただきますは、野菜から」という絵本を読んでもらい、食について考えたり、給食の先生からお話を聞いたりしました。3歳児は本物の野菜やカードを見て名前を当てたり触ったりにおいをかいだりしました。4歳児は問題形式で野菜を当てるクイズをしていると、以前に野菜を切ってみた時の知識を思いだして口々に話したりしていました。また5歳児になると冬野菜と夏野菜の違いや、体にとっての役割を考えたり3ヒントゲームで野菜あてゲームを楽しんだりしました。幼少期は食習慣が形成される重要な時期です。よく噛んで食べること、野菜を食べてビタミン、ミネラル、食物繊維をしっかりとって病気に負けないからだづくりを心がけていきましょう。

いもほり🍠

2020/11/20

11月16日(月)に園の畑でいもほりをしました。「これな~に?」という顔で出てきたさつまいもをちょっと突いてみたり、触ってみたりしている0歳・1歳児の子ども達!2歳児になると「わぁ~い(^^♪おいも~」と喜んで見せ合いっこしていました。3.4.5歳児さんたちは、ひとりひとりシャベルを手に持ち、「出てこい出てこいと」とワクワクしながら土を掘り、お芋が出てくると「やった~!あったよ・あった~」と歓喜の声をあげていました。今年は、いつもの年より収穫は少なかったのですが、子ども達は掘ったお芋を大事そうにお家にもって帰りました。

🎒園外保育に行きました。

2020/11/13

11月10日(火)に年中・年少組さんは園の赤バスに乗って、三田川中央公園に園外保育に行きました。駐車場に着くと、年少さんは「ここ来たことある~」「お母さんときた」年中さんは「運動会したよね~」と様々なことを思い出しながら、広い公園で遊ぶことにワクワク期待を膨らませていました。公園を1周歩いて遊具の遊び方・トイレの場所の確認をし、公園での遊びのルールを決めてリュックと水筒を下ろすと「わぁ~い」と思い思いに遊具で遊びが始まりました。高い滑り台もジャングルジムもなんのその‼綱渡りも楽しんでいました。また、周りの木々の枯れ葉を集めたり、どんぐりを拾ってお土産にしているお友達もいました。
お昼は、お家の人に作ってもらった🍙おにぎり自慢があちこちで始まりました。「ミートボールが隠れてる」「唐揚げが入ってる」のりで似顔絵を作ってもらったお友達も(^^♪。とても嬉しそうに食べていました。楽しい一日が過ごせたようです。

みそ作りに挑戦しました。

2020/11/12

11月10日(火)に食育教室の講師鬼塚先生の指導のもと、年長組の子ども達がみそ作りをしました。
まずは、ゆでた大豆の味みからスタート!柔らかくゆでた大豆を口に入れた子ども達は「甘~い」「柔らかい」など口々に話ていました。次に、その豆を袋に入れて押してつぶし、麹や塩を混ぜ合わせ、こねて丸めてみそ団子を作りました。「ぎゅ~ぎゅ~と力を込めて丸めてね」と先生のアドバイスを聞いて、いつも砂場で作る泥団子のように上手に丸めることができました。大小様々なみそ団子がたくさん出来上がりました。最後にかめに投げ入れて塩を振って冷暗所で寝かせます。3月にはこのみそを使って年長さんが豚汁を作り、年中・年少組さんと一緒に食べる予定です。

ページTOP

お便り「大樹」

ころころ広場(子育て支援)